先物取引って何?

先物取引とは現在の価格で将来に商品を売買する取引のことを言います。
予め売買の価格を設定しているため、価格変動によるリスクを回避できるという利点があります。
現物取引は取引の時点で商品価格の全額を支払いますが、先物取引は将来の売買を担保する証拠金が必要となります。
先物取引はリスクが高いと言われることが多いですが、最近は証券会社や商品取引業者のサポートが充実していることから少額でリスクを抑えながら取引することが可能です。
投資経験があれば初心者でも参入しやすい環境が整っているといえます。
先物取引には「商品先物取引と「金融先物取引」の2種類あります。
両者の違いは取引の対象が異なる点にあり、金や原油など実態を伴うものを消費先物取引、金利や指数など実態を伴わないものを金融先物取引と言います。
先物取引は売買価格と転売価格の差額で決済を行い、かいからも売りからも取引を開始できます。
ですから相場が上がり、下がりどちらの局面からでも利益を狙えます。
買いから始めた場合は売りをすれが決済は完了となり、逆に売りから始めれば買いをすれば決済完了です。
取引最終日までに決済しなかった場合は特別決算指数で決済されこれをSQ決済と言います。
先物取引では安く買って高く売るもしくは高く売ってから安く買い戻す事ができれば儲けを得ることが出来ます。
株式の信用取引とは異なり金利や貸株料、逆日歩が生じることがありませんので、買いと売りどちらから始めても有利不利がないのです。
また株価指数先物取引ですから個別銘柄のように倒産リスクがありません。
少ない元手でレバレッジ取引が出来る点も先物取引の特徴と言えるでしょう。すっきりフルーツ青汁は楽天やAmazonが最安値?【注目】